これが現実

genjitsu.jp

Q. 被曝は感染するのか?

| 0 comments

A. 絶対しません! 本当に無知ほど恐ろしいものはない。被曝は「放射線が人体の中を通過する」ことである。放射線が一度通ったからといって、その人が放射線を出し始めるわけではない。感染症とは全く異なる。だからむしろ危険なのだ。

 もちろん内部被曝すれば、体内の放射性物質から放射線が出るには出る。ただ、ホールボディカウンターでその微量の放射線を測定するのが面倒なように、急性障害が出て即死するようなレベルでないと無視できるレベルであろう。身体の表面に放射性物質が付いている場合もまた放射線が出るが、そもそもその環境では皆同じだけ、放射性物質が付いているはずだ。

 母子感染ではないが、妊娠中や授乳中に母親から子どもへ放射性物質が移動することは注意しなければならない。これも一種の内部被曝である。人体は放射性ヨウ素とそうでないヨウ素を区別できないので、それ以外の元素も同様に、栄養素として放射性物質も一緒に子どもに与えてしまう。



関連記事

コメントをどうぞ

必須項目 * (メールアドレスは公開されません)

*