これが現実

genjitsu.jp

日本はいま内戦状態にある

| 0 comments

 早川由紀夫先生 @HayakawaYukio の発言まとめ。

日本国内はいま内戦状態にある。
@HayakawaYukio
早川由紀夫

福島県とその他というより、「放射能はこわくない」と「いやこわい」の戦い。
@HayakawaYukio
早川由紀夫

セシウムまみれの干し草を牛に与えて毒牛をつくる行為も、セシウムまみれの水田で稲を育てて毒米つくる行為も、サリンつくったオウム信者と同じことをしてる。日本社会に向けて弾を打ってる。 http://togetter.com/li/160291
@HayakawaYukio
早川由紀夫

福島県には、次をすみやかに実行してほしい。福島県(南会津を除く)における農産物水産物の生産を即時中止する。3月11日以降生産されたものの流通も止める。これが実施されないかぎり、戦争は続く。
@HayakawaYukio
早川由紀夫

福島県の人が毒物を生産して流通させるからです。RT @: 余計なお世話でごめんなさい。政府や役人、官僚や金儲けの亡者の中に悪があるのになぜ助け合うべき国民が争うのですか?
@HayakawaYukio
早川由紀夫

 次の指摘のように、早川先生はTwitter上で賛否両論を戦わせた。

早川由紀夫さん、上手。自分に対して批判的なメンテョン@を意図的にリツイートする。すると、検索「@」で見ると、それに対して反論する発言が別の人たちから殺到する。他者の力を用いて、別の他者を制する。群衆コントロールの技法そのもの。
@rshibasaki
柴崎力栄

 実際、Togetter – 「日本はいま内戦状態にある」 のまとめを見ていただければ、「内戦状態」であることが良く分かる。「放射能はこわくない」と「いやこわい」の戦い。これは演出ではない。ストレートな表現を使うことで、皆の心の内を明るみに出したものだ。

 今、大多数は「こわくない」側か、次のように高みの見物側にいる。いずれ自分が、もしくは自分の目の前で家族や知人が、見えない炎(放射能)で焼かれて傷ついて死んで、初めて「いやこわい」側に立つ。その時にはもう遅い。原爆で、第五福竜丸で、チェルノブイリで、JCOの事故で、原発内の労働で、一体どれほどの人が傷ついて死んでいった(いや違う、殺された)か。そしてこの内戦状態は、放射能の影響が残る数十年、数百年の長きにわたって続くのだ。これが現実である。

実は、今のところ自分には関係ないからどっちでもいい、とか、「二派に分かれるのは感情的」だからと自称冷静中立の高みの見物もかなり居る。 @ 福島県とその他というより、「放射能はこわくない」と「いやこわい」の戦い。
@chihointokyo
ちほたん(・0・)



関連記事

コメントをどうぞ

必須項目 * (メールアドレスは公開されません)

*